太陽光発電所の概要

メガソーラーの概要


経済省資源エネルギー庁によるとメガソーラーは、稼働中のものと建設・計画中のものを合わせて
日本国内に80か所程度存在する。内訳は、電力会社のものが約25か所(2012年2月現在)である一方、
電力会社以外によるものが約48か所(2011年9月現在)である(なお、電力会社以外によるメガソーラー
は調査時点から増加している)。

2010年の調査によると、太陽光発電の設置形態としては、日本と同様に太陽光発電の導入が進んでいる
欧米諸国では電力事業用や非住宅用が出力ベースで6 – 9割であるのに対し、日本では電力事業用や非住宅
用は2割であり、住宅用の太陽光発電設備が8割と住宅用に特化して市場が発達している。

電力会社各社が作る電気事業連合会は、各電力会社が2020年度までに合計約30地点、14万kWまでメガ
ソーラーを拡大する計画を2008年9月に公表している[2]。2012年1月末時点で25地点、約11万kWに
ついて具体的な導入計画を電力会社各社が明らかにしている。

2012年3月現在、主なメガソーラー計画だけで合計出力は50万kWに迫っていて、この内10万kW程度が
2012年から2013年にかけて稼働し始める。2011年3月から2012年3月の1年間に発表された電力会社
以外の民間企業の計画の総出力は、前述した電力会社の2020年度までの計画(14万kW)の2倍である。

日本プロダクト株式会社(NPC)の提案


img_consul

bn_flow bn_sekou